1. トップページ
  2. CSR・環境

公正な事業慣行

三菱製紙販売コンプライアンス行動基準

三菱製紙販売行動憲章に適った行動を取るために守らなければならない基準を、関連法令等や関連社内規則等と関連付けて具体的に規定しています。

コンプライアンス行動基準

2013年4月1日
1、総則
第1条(趣旨)
第2条(法規範の遵守)
2、社会との関係
第3条(社会への貢献)
第4条(各種業法の遵守)
第5条(寄付行為・政治献金)
第6条(反社会的勢力との関係断絶)
第7条(環境保全)
第8条(地域社会との協調)
第9条(安全保障貿易管理)
第10条(輸出入関連法の遵守)
第11条(取引先との適正取引)
第12条(独占禁止法の遵守)
第13条(不正競争の防止)
第14条(接待、贈答)
第15条(商品の安全性)
第16条(適正な表示・広告)
4、株主との関係
第17条(経営情報の開示)
第18条(インサイダー取引の禁止)
5、従業員ほか個人との関係
第19条(人権尊重、差別禁止)
第20条(ハラスメント)
第21条(個人情報の保護)
第22条(職場の安全衛生)
第23条(労働関係法の遵守)
6、会社・会社財産との関係
第24条(就業規則の遵守)
第25条(適正な会計処理)
第26条(利益相反禁止)
第27条(政治・宗教活動の禁止)
第28条(企業秘密の管理)
第29条(会社資産の適切な使用)
第30条(情報システムの適切な使用)
第31条(知的財産の保護)
7、附則
第32条(本基準の適用範囲)
第33条(本基準の改廃)
第34条(相談、申告窓口)
第35条(罰則)

グリーン購入法古紙配合率監査

 再生PPC用紙などの古紙パルプ配合紙類は、グリーン購入法の特定調達物品などの信頼性確保ガイドラインで、販売事業者は製造メーカーの古紙パルプ等配合率の適合判断を検証し情報提供の体制を整備することとされています。このため、製紙メーカーの古紙パルプ等配合率監査に立ち会い、表示と適合の根拠を確認しています。

グリーン購入法古紙配合率監査